©2019 Kensaku Shinohara

振付家 篠原 憲作

アメリカ・台湾・日本を中心に、

身体表現に関わる企画・キャスティング・演出・アーティストの招聘・コーディネートを行うアーティスト。

国際基督教大学在籍中、モダンダンスと演劇に出会い2004年より作品を作り始める。 2005年ダンスカンパニーノマド-s 参加。また同年よりグラインダーマンのメンバーとして活動し、京都芸術センター/大阪名村造船所公演「Mustang The West」出演、「たけしの誰でもピカソ/草間彌生コラボレーション」の収録に出演。さらに自身の創作集団パンチネロをスタートし「ヒューマン・ラテ」「ライク・ア・シュリンプ」を発表。 2009年よりニューヨークに拠点を移す。

 

自身の振付作品はニューヨーク、アリゾナ、ウィスコンシン、ピッツバーグなどアメリカ各地、カナダ、マレーシア、台湾、また日本では東京、横浜、秋田、札幌で上演され、現地のカンパニーに作品を提供している。その作品は「都会的な経験をベースにした魂のある、楽しい試み(Art Values Education)」「ユーモアに満ちている (OFFOFFOFF.com)」「遊びがあり、期待を裏切り、時間と空間を押し広げる洗練された構成(New Dance Alliance)」「衝撃的な存在感(Shepherd Express) 」 と評される。

2017-2018年Harkness Dance Centerレジデンスアーティスト、Exploring the Metropolisレジデンスアーティスト、2016年/2018年Queens Arts Fund New Work Grant受賞、2016年国際交流基金芸術文化助成受賞。2015年横浜ダンスコレクションEXファイナリスト。同年Stage Directors and Choreographers Foundationオブザーバーシップ受賞。

2018年、チェルフィッチュ岡田利規作「部屋に流れる時間の旅」英語版上演でオフ・ブロードウェイデビュー。2016年より映画監督・キャスティングディレクターの奈良橋陽子の舞台作品に振付で参加。

 

創作や即興のクラスを各地で教えており、ギブニー・ダンスセンター(ニューヨーク)、エモリー大学(アトランタ)、アーティファクト・ダンスプロジェクト(アリゾナ)、Seed Dance(台湾)、PKTB(マレーシア)、アーキタンツ(東京)、CONTE-SAPPORO(札幌)などに講師として招聘されている。

KOTORIMOMO代表

ニューヨーク・ロサンゼルス・台湾・東京で演出・映像制作を行い、アートと社会を繋げるサービスを提供している。