©2019 Kensaku Shinohara

10月4日

October 4, 2016

非政治的なダンス

ダンスは政治的なのか?

誰かが政治的ではない作品など無いと言った。

政治的ではない人間などいない、のか

ほとんどすべての人間はある国家・国籍に属し、選択肢もないまま税金を払い、国家のルールに従って一生を送る。

税金によってどんなサービスを受けているのか?

国家に属することによって何を失っているのか?

 

声をあげない人々

国に対して

お互いに対して

黙りこくっている

それぞれの世界に隠れることによって安心を確保する

世界とはどこまでをさすのだろう

それぞれの世界を満たすためのサービスが充満している

堂々と人間を非人間的に扱う この産業

 

ダンスは、身体は何を語るのか

語ることなど何も無い

でも その過程で人間が見せる 苦しみ

喜び 汗 

それらは本物であるという アーティストの驕りがある

でもそれを信じている

それがすべて

 

非政治的なダンスとは

ダンスに対する疑問

僕たちがどこにいるのか それに対する疑問

僕らはすべて 何かをあらわしている

僕らがすべてを 作り出している

政治はおそらく遠いものではなく

僕らの生活そのもの

 

僕たちはどこにいるのか

 

 

 

 

Please reload

Featured Posts

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

Recent Posts

July 16, 2017

July 9, 2017

June 30, 2017

June 28, 2017

June 27, 2017

June 25, 2017

June 24, 2017

June 15, 2017

June 10, 2017

June 9, 2017

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square