©2019 Kensaku Shinohara

創作集団パンチネロ Team PUNCHINELLO

 

2005年、国際基督教大学の有志学生により設立。演出の篠原憲作を中心に、演劇・ダンス・音楽のジャンルを超えた前衛的な作品を発表する。これまでにオリジナル3作品を東京にて上演。札幌・東京を拠点に公演制作を行う。

オバケ・フェスタ(2008)

アグリーダック(2008)

パンチネロ初のストレートプレイ。醜いアヒルの子を題材に、寺本宗正脚本で送るちょっぴり寂しい物語。

​会場:原宿デザインフェスタギャラリー

ライク・ア・シュリンプ(2008)

エビというテーマを切りまくったパンチネロ第二作。カラフルで、パンチーな珠玉のエンターテイメント。

会場:国際基督教大学多目的ホール

 

ヒューマン・ラテ(2005)

パンチネロ処女作。「にんげん」をテーマに生々しさや混沌を、ダンス・声・生演奏により荒々しく切り取った。

会場:国際基督教大学多目的ホール

Please reload